本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

焼き芋の保存方法ここがポイント!冷凍、冷蔵とでどれ程違うの?

焼き芋の保存方法ここがポイント!冷凍、冷蔵とでどれ程違うの?

スーパーやコンビニで香ばしい香りに誘われて、思わず焼き芋を手に取ることってありますよね。

あの甘い香りが漂ってくると、食べいなぁとヨダレが出る底のあなた!大共感です(笑)

ですが、家に持ち帰り食べ始めると、意外と満腹になったり、思ったより買いすぎてしまったりすることも。

そんな時、焼き芋の正しい保存方法や腐らずどれ程持つのか?その時間が分からずに困った経験はありませんか?

そんな疑問を解消するために、焼き芋の適切な保存方法とその期間について、お役立ち情報をご紹介します!

目次

焼き芋の食べ過ぎはお腹にご注意!

焼き芋のおいしさには誰もが夢中になるものですが、ついつい手が伸びて、知らず知らずのうちに多く食べてしまうことも。

美容や健康のためにたくさん食べがちですが、どんな食べ物でも過ぎたるは及ばざるがごとし。身体に良いからといって食べ過ぎてしまうと、実は体調を崩す原因にもなりかねません。

食べ過ぎによる5つの健康問題

  • ガスが多くなる
  • 胃のもたれ
  • 消化不良や腹部の不快感
  • 皮膚のトラブル
  • 歯の健康への影響

健康に良いとされる食品であっても、摂り過ぎは禁物です。バランスの取れた食生活が何よりも大切ですね。

サツマイモの甘みを引き出す意外なコツをご紹介

塩水を使うだけで、その甘さが増すんです。

サツマイモの甘さを追求する動きは、特に蜜芋と呼ばれる品種の登場によって、ますます注目を集めています。

しかし、特別な品種を選ばずとも、簡単な方法で甘い焼き芋を楽しめたら素晴らしいと思いませんか?実は、サツマイモの甘みを増す簡単な方法が話題になっているのです。

その秘訣は、「塩水」を使うこと。意外に思われるかもしれませんが、この方法にはちゃんとした理由があります。

塩には味覚を際立たせる効果があり、「味の対比効果」という現象を生み出します。これは、異なる味が組み合わさることで、一方の味が際立つというものです。

例えば、スイカに塩を少し振ると甘さが増すのはこのためです。

サツマイモに塩水を使うことで、自然な甘みがより一層引き立ち、さらに塩分が余計な水分を引き出すことで、味わいが濃厚になるのです。

作り置いても大丈夫?

実は、焼き芋は適切な保存方法を用いれば、前もって作っておくことができるんです。

保存の方法にはいくつかあり、冷凍、冷蔵、常温保存と方法は多岐にわたりますが、それぞれで保存できる期間が異なる点に注意が必要です。

作り置きについて夏の場合

夏の暑さで食品の保存が気になる季節ですが、焼き芋の場合、作り置きをすること自体は可能です。

ただし、高温多湿の夏の常温では保存が推奨されません。夏に焼き芋を保管する際は、冷凍や冷蔵が適切な方法となります。

冷凍保管する方法

焼き芋を長持ちさせたい場合、いくつかのコツを覚えておくと、冷凍での保存が可能になります。

それでは、その保管テクニックをご説明しましょう。

焼き芋を冷凍で長持ちさせるための重要な3ポイント

  • 焼き芋が室温までしっかりと冷めるのを待つこと。
  • 表面に水分がある場合は、タオルで丁寧に水気を取り除くこと。
  • 焼き芋をそのまま、または食べやすい大きさに切り分けて、ラップで包んでから冷凍すること。

これらの手順をきちんと踏むことで、焼き芋を冷凍保存することができます。

解凍する際には、電子レンジで約3分温めれば、手軽に美味しくいただけます。特に、蜜芋と呼ばれる種類のサツマイモは甘くてとろりとした質感が特徴ですが、生の状態では傷みやすいため、冷凍保存が特に推奨されています。

焼き芋の保存期間について

焼き芋を冷凍しておくと、だいたい2週間から1ヶ月程度は持つようです。

これは、予め作っておくのに適した保存法と言えるでしょう。

冷蔵保管する方法

焼き芋は冷蔵保管もできます。

その保管方法をご説明します。

焼き芋を冷蔵で長持ちさせるための重要な2ポイント

焼き芋を冷蔵で保存する際の正しい手順は次の通りです。

  • 焼き芋が室温に戻るまで十分に冷まします。
  • 焼き芋を一本ごとにラップで包んで冷蔵庫に入れます。

これで準備は完了です。

食べるときは、電子レンジで温めればすぐに美味しくいただけます。

また、焼き芋は冷めても美味しいので、そのままでも楽しめます。カットしたり、食べかけの焼き芋もこの方法で保管できるので、ぜひ試してみてください。

冷蔵での保管期間は約4日間

冷蔵での保管を行った場合、概ね4日間程度は焼き芋を新鮮に保つことができます。ただし、切り分けたり既に食べかけの焼き芋は、丸ごとの状態よりも劣化が早いので、2日以内に食べ切ることをお勧めします。

常温保管する方法

高温の季節や食品が傷みやすい時期には適していませんが、焼き芋は室温での保存もできます。

焼き芋を常温で保管する適切な方法

室温で焼き芋を保管する際には、新聞紙で包むと良いでしょう。

ただし、切り分けたり、食べ残しの焼き芋は、室温での保管は適していませんので、冷蔵または冷凍での保存を心がけてください。

特に食べ残しは唾液がついていたりするとより腐りやすくなりますので注意してください。

常温での日持ちについて

焼き芋を室温で保存した場合、1~2日で食べきるのが望ましいです。

栄養価を解説

さつまいもに含まれる栄養素を100グラム当たりで整理しました。

栄養成分一覧

エネルギー132キロカロリー
水分66.1グラム
炭水化物31.5グラム
ナトリウム4ミリグラム
カリウム470ミリグラム
カルシウム40ミリグラム
鉄分0.7ミリグラム
0.18ミリグラム
マンガン0.44ミリグラム
ビタミンE1.6ミリグラム
ビタミンB10.11ミリグラム
ビタミンC29ミリグラム
食物繊維2.3グラム
栄養価

6つの健康メリット

  • 血圧の安定と浮腫みの軽減
  • 癌のリスク低減
  • 免疫機能の向上
  • 肌の健康維持
  • 体重管理に役立つ
  • 血糖値の急上昇を抑える効果

さつまいもの鮮度を見極めるポイント

老若男女に愛されるさつまいもですが、保存していると変色したり、異臭がすることがあります。

これらは食べる前に確認しておくべき重要なサインです。

  • 表面が黒ずんでいる
  • 緑色の変色が見られる
  • オレンジやピンク色に変わっている
  • カビが生えている兆候がある
  • 味が苦い
  • 腐敗の徴候がある

まとめ

焼き芋の保管方法をご紹介しましたが、実践しやすいと感じていただけたでしょうか?

特に、大量に焼き芋を作りたい時は、冷凍保存が便利ですよ。

また、購入した焼き芋が余ってしまうことがある方は、食べる分だけ切り分けてから冷凍や冷蔵での保存をお試しになるのも良いでしょう。

この方法なら、いつでも新鮮な味わいを楽しむことができます。

ぜひ実践してみてくださいね^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次