本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

風速7mはどのくらいの強さ?レジャー・2輪車・日常生活への影響考察

風速7mはどのくらいの強さ?レジャー・2輪車・日常生活への影響考察

天気予報で報告される気温や降水量に加えて、風速も重要な情報として伝えられます。

しかし、風速の数値が具体的にどのような風の強さを示しているのかは、一般的には理解しにくいものです。

たとえば、台風の際に「風速20メートル」と聞くと、強風であることはすぐに分かりますが、風速7mの場合、その強さがどれほどなのかはすぐには理解できないかもしれません。

この記事では、そうした風速の数値が示す風の強さについて詳しく解説しています。

目次

風速7mはどのくらいの強さなのか?基本情報

風速7mとは、1秒間に7mの速さで風が吹くことを意味します。

この速さをより理解しやすくするために、時速に換算してみます。

7mを1時間に換算すると、以下のようになります。

7m × 60秒 × 60分 = 25,200メートル

これは、約25.2キロメートル/時に相当します。

この速さの風は、ゆっくり走る車やバイクが生み出す風と同じくらいの強さです。

ビューフォート風力階級表によると、風速7mの風は次のような影響を及ぼします。

  • 風力3(風速3.4~5.4メートル/秒):  木の葉や小枝が絶えず動く
  • 風力4(風速5.5~7.9メートル/秒):  砂埃が立ち、紙が飛ぶ
  • 風力5(風速8.0~10.7m/秒):     低木の葉が揺れる
  • 風力6(風速10.8~13.8メートル/秒): 大きな枝が動き、傘の使用が困難
  • 風力7(風速13.9~17.1メートル/秒): 木全体が揺れ、風に逆らって歩くのが難しい

天気予報では、風速7mを「穏やかな風」と表現することがありますが、実際には髪の毛が激しく揺れるほどの風です。

体感では、予想以上に強く感じられることもあります。

風速にはいくつかの区分があります。

  • 「やや強い風」:  風速10メートル以上~15メートル未満
  • 「強い風」:    風速15メートル以上~20メートル未満
  • 「非常に強い風」: 風速20メートル以上~30メートル未満
  • 「猛烈な風」:   風速30メートル以上、または瞬間最大風速が50メートル以上

最後に、気象庁が発表する「風速7m」とは、過去10分間の平均風速が7m/秒であることを意味します。

理論上、この風速の1.5倍から2倍の強さ、つまり最大瞬間風速が10.5メートル/秒から14メートル/秒の突風が発生する可能性もあります。

風速7mはどのくらいの強さなのか?レジャーへの影響考察

風速7mがピクニックや散歩にどのような影響を与えるかについて考えてみましょう。

風速7mは「木全体が揺れ、風に逆らって歩くのが難しい」とあるので、散歩はしない方がよいでしょう。

またピクニックはもレジャーシートがめくれたり大変なのでやめた方が良いでしょう。

両方ともできなくはないですが、風速7m下でやる必要性を感じません(-_-;)

また、この風速がゴルフやサッカーにどのような影響を与えるかについて考えてみましょう。

この風速では、旗が軽くはためく程度の風力となります。

サッカーの試合では、風速7m程度ではボールへの影響は少しありますが、試合中止にはなりません。

ただし、Jリーグの試合では、風速17.2メートル/秒以上の強風、つまり台風のような悪天候の場合、試合が中止になることがあります。

ゴルフにおいては、ボールの重さやサイズで風の影響の受けやすさが変わります。

重くて小さいボールほど、風の影響を受けにくいとされています。

しかし、風速7m/秒の風がゴルフプレイに与える影響は、18~30ヤード程度であることが示されています。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次