本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

風速5mってどれくらいの強さ?キャンプ、バーベキュー、釣りに影響は?

風速5mってどれくらいの強さ?キャンプ、バーベキュー、釣りに影響は?

アウトドア活動やスポーツを計画する際、天候は重要な要素ですよね。特に、雨の心配があると、週間天気予報を確認することが多いです。

しかし、雨だけではなく、風の強さもアウトドアやスポーツに大きな影響を与えることがあります。

この記事では、風が強い日にキャンプ、バーベキュー、釣りを楽しむことが可能か、またその際に注意すべき点について詳しく解説しています。

目次

「風速」とは何か?

これは、空気が風としてどれだけの速さで移動しているかを表すものです。

天気予報で耳にする「風速」という言葉は、10分間にわたる風速の平均を意味しています。

日本の気象庁では、風速の単位として「メートル毎秒(m/s)」を使用しています。ただし、誤解の恐れがない場合は、「メートル(m)」のみで表記することも許されています。

例えば、天気予報で「風速5m」と言われる場合、これは正確には「風速5メートル毎秒(5m/s)」を指し、これは10分間の平均風速で、1秒間に空気が5メートル動く風の強さを表しています。

風速5メートルってどれくらい?

風速5メートルとは、1秒間に5メートルの速さで風が吹くことを意味します。

これを1分間で考えると、5メートル×60秒で合計300メートル、そして1時間に換算すると、300メートル×60分で合計18,000メートル、すなわち18キロメートルになります。

つまり、風速5メートルは時速18キロメートルと同じです。

時速18キロメートルの風は、自転車を少し速めにこいでいる時の風の感じと似ています。

軽い物体、例えば葉っぱなどは、風によって簡単に飛ばされてしまうことがあります。

例えば、2020年の東京の年間平均風速は2.8メートル(気象庁のウェブサイトによる)でした。この数値と比較してみると、風速5メートルは、日常的に感じる風よりもかなり強いことが理解できます。

風速5メートルの時のアウトドア活動について

風速5メートルの時のキャンプや焚き火について

風速5メートルの状況下でも、適切な風対策を行えばキャンプは可能です。

しかし、キャンプ初心者にはあまり推奨されません。なぜなら、テントやタープが風に飛ばされるリスクがあり、周囲に迷惑をかける可能性があるからです。また、テントの構造が損傷する恐れもあります。

風対策としては、以下の点に注意しましょう。

  • キャンプ場の地理的条件を確認する(海辺や開けた場所は風が強くなりやすい)
  • テントの入口を風下に向け、固定はしっかりと行う
  • テント設営は複数人で行い、風による影響を最小限に抑える
  • フリーサイトの場合は、車を風よけとして風上に停める。車が使えない場合は風を避ける場所を選ぶ
  • 日没前に不要なタープや荷物を片付ける
  • 風が強いと体感温度が下がるため、寒さ対策も忘れずに

風が強い日は、バーベキューや焚き火の難易度も高まります。

しっかりと準備をして、安全に楽しんでください。

風速5メートルの日のバーベキューについて

風速5メートルの状況下でもバーベキューや焚き火は実施可能です。

しかし、風が強いと物が飛んだり、食材にゴミが混入するリスクがあるため、注意が必要です。これにより、楽しいはずのレジャーが疲れる原因になることもあります。

無理をせず、天候が良い日に予定を変更することで、よりリラックスして楽しむことができるでしょう。

もし風の中でバーベキューを行う場合は、適切な風対策を行うことが大切です。

「風速5メートル」と聞くと大したことないように思えますが、実際にはかなりの強風です。髪の毛が乱れたり、葉っぱや砂が舞うほどの風力です。

風対策の基本は以下の通りです。

  • 紙の食器は飛びやすいので、重いプラスチック製やステンレス製の食器を使用する
  • ゴミが飛ばないように気をつける
  • 火の近くに燃えやすい物を置かない
  • 火が風に流されるので、焼き担当者は特に注意する
  • 炭を使用する場合、灰が飛ぶので風下に立つのは避ける
  • 食材が汚れないように、フタ付きの容器を使用する
  • 万が一のために、水や消火用具を手元に準備する
  • バーベキュー台が倒れないように、台に重しを追加する

風の強い日にバーベキューをする際は、たれが入った紙皿が飛んで服を汚すなどの失敗がよくありますので、注意が必要です。

また、食材を焼き鳥のように串に刺すと、皿や箸が不要で、たれも必要なくなり、便利です。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次