本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

古い財布、また使うことで金運はどう変わる?金運向上させる方法は?

古い財布、また使うことで金運はどう変わる?金運向上させる方法は?

「風水」という言葉を耳にすることが多いですね。

この風水には、財布に関する興味深い考え方が存在します。

多くの人が知っているのは、「綺麗な財布を使うと財運が向上する」という話です。

しかし、以前使っていた財布を再び使うことについては、風水の観点からどうなのでしょうか?

再利用することで財運が落ちるなど、何か悪影響があるのでしょうか?

実は、古い財布を再度使い始めると、財運は低下するとされています。

風水では、財布の寿命は約3年とされ、使い続けることでその財布の持つ財運が徐々に減少していくと言われています。

「一度使わなくなった=財布を休ませた」と考えても、一度失われた財運は回復しないというのが、風水の考え方です。

目次

金運を左右する財布について

風水において、財布は特別な意味を持ちます。

一般的には、財布の寿命は約3年とされ、この期間を過ぎると新しいものに替えることが推奨されています。

たとえば、以前愛用していた財布を再び使いたくなることもあるでしょう。

しかし、風水では3年を超えた財布は金運を引き寄せる力が弱まっているとされています。

金運を気にしない場合は、古い財布をそのまま使っても構いませんが、金運を高めたいと考えるなら、財布を浄化することがおすすめです。

古い財布を再び使う際には、金運が低下すると言われています。

それでも古い財布を使いたい場合は、浄化することが効果的です。

では、なぜ風水では古い財布が推奨されないのでしょうか?財布には寿命があり、約3年で金運を引き寄せる力が失われるとされています。

見た目がまだ新しい場合でも、金運を高めるためには新しい財布への買い替えが良いでしょう。

また、金運を下げる財布としては、自分が気に入らない財布、偽物のブランド財布、赤色の財布が挙げられます。

特に赤色の財布は、風水では「火」の気を象徴し、金運を下げるとされています。

古い財布に金運をチャージする方法と処分方法

古い財布を再利用する方法としては、以下の3つがあります。

1つ目は、使用期間に応じて塩で浄化し、寝かせる方法です。
2つ目は、満月の日に財布を振り、満月の光に当てる方法。
3つ目は、財布の型崩れを直し、きれいにクリーニングする方法です。

古い財布を処分する際は、感謝の気持ちを持って手放すことが重要です。

売る、捨てる、譲る、または神社やお寺で供養するなど、さまざまな方法があります。

譲ったり、売ったりする時は、相手もまた金運の落ちた状態になるので、可能ならその旨を伝えてあげると親切かもしれませんね^^

特に、財布供養を行っている神社を探すことも可能です。

まとめ

よく言われるのは、新しい財布を使うことで金運が上がるということですが、実際にそれを実践するのは難しいですよね。

私自身も気に入った財布を長く使い続けがちです。

しかし、風水の観点からは、古い財布を使い続けるのは金運にとって良くないということが明らかになりました。

愛用している財布でも、金運を考えると一度休ませて浄化することを考えています。

私は思うのです。

  • 金運アップを取るのか?
  • 愛着ある財布を大事にこれからも使うのか?

私はサスティナブルな世界を望んでますので、金運アップも必要でしょうが、古い財布を使い続ける選択をしています。

お気に入りの財布を15年超え、10年越え、5年越えの財布を何個も現役で使ってます。

そのためか金運は余り良くないかもしれません(-_-;)

しかし、ちゃんとメンテナンスしていれば今でも綺麗ですし、エイジングの美しさが出てきます。

ほんと晩酌しながら、古い財布にミンクオイルを塗り、布で伸ばし、傷や故障が無いか見るメンテナンス時間を愛してます。

ブライドルレザーやサドルレザーなどの財布はほんと10年越えで使える高級品です。

風水で金運アップも大事でしょうが、単純に自分の好きなものを長く使うのも良い事だと思っています。

あなたにとって良い選択をしていただければ幸いです^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次