本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

テート美術館展大阪の混雑状況と滞在時間を予測する!ピークタイムと穴時間を解説!

テート美術館展大阪の混雑状況と滞在時間を予測する!ピークタイムと穴時間を解説!

2023年10月26日より、大阪でテート美術館の展示が始まりました。

東京での展示はSNS上でその混雑ぶりが話題になっていましたね。大阪では、もっとゆっくりと観覧できる時間帯があると良いですよね。

そこで、この記事では「テート美術館展の混雑具合や滞在時間、待機時間や空いている時期について」というテーマで情報をお届けします。

ぜひ、この記事を参考にして展示を楽しんでくださいね!

この記事で得られる情報は以下の通りです。

  • テート美術館展の混雑具合について
  • 展示を観覧するのに必要な時間
  • 待機時間の長さ
  • 比較的空いている時間帯

広告

>>おすすめのファーストキャビン西梅田の詳細はこちら

>>テート美術館展大阪周辺でおすすめの宿泊先はこちら

また宿泊施設だけでなく、高速バスや航空券の割引クーポンも利用できるため、一度楽天トラベルのクーポンページをチェックすることをおすすめします。

>>交通費・高速バス・航空券がお得な楽天トラベルのクーポンはこちら!
目次

テート美術館展大阪の土日祝の来場状況と待機時間について

テート美術館展はもう東京の展示は終わってますのでご注意ください!

こちらのTweetを見ると、週末や祝日は特に混雑する見込みです。

ペアチケットの販売もあったため、土日祝日は特に混雑が予想されます。

祝日は開館しており、学生や家族連れの来場が多いことも影響しています。

ペアチケットの事前販売があったため、休日の混雑は更に増すと考えられます。

時間指定がないので、混雑時は長い待ち時間が予想されます。

東京での展示では、閉館間近になると入場まで30分かかることもあったようです。

秋のマルシェは11月4日、5日、クリスマスのマルシェは12月23日、24日に開催されますが、これらの日は特に混雑が予想されるため、避けた方が良いでしょう。

しかし、イベントでは有機野菜の販売や子供向けの縁日などが主な内容なので、家族連れには待ち時間中や帰り道に楽しめるかもしれませんね。

テート美術館展大阪の平日の訪問状況と待機時間についての見通し

平日の混雑具合は、週末や祝日に比べてかなり落ち着いていると見られ、待ち時間も短いと思われます。

週末の混雑が分散されるため、平日は比較的スムーズに観覧できると予想されます。

特に一人で訪れる場合、平日は作品をじっくり鑑賞するのに最適な時間帯かもしれません。

平日はイベントが少ないため、混雑も少なく、快適に展示を楽しめると思います。

また、展示品の中には天井から吊り下げられ、照明で照らされる大型の作品もあります。

平日は、こうした壮大な作品を独り占めできる時間があるかもしれませんね。

テート美術館展大阪の滞在時間を予測

この展示の所要時間は、およそ2時間程度と見られます。

展示されている印象派の作品群は、家庭でも飾りやすいサイズの小さめの作品が多いため、特に混雑時は次のセクションへ移るのに時間がかかることがあります。

ただし、展示には人の身長よりも大きな作品も多く含まれており、混雑していても鑑賞しやすいものがあります。

また、展示品のグッズ購入にも時間を割くことを考慮すると、2時間程度の時間が適切と言えるでしょう。

実際に訪れた人のSNSの投稿を見ると、2時間から2時間半かかったという意見が見受けられます。

東京で販売されたユニークでおしゃれなグッズも人気で、大阪展でのグッズ展開がどうなるかも注目されています。

テート美術館展大阪の土日祝日における穴時間について

土日祝日には、朝の10時から14時までが比較的空いていると見込まれます。

この予想の背景には、大阪での展示が17時に終了し、11月1日からは展示場近くでイルミネーションイベントが開催されることが影響しています。

そのため、17時頃には展示会場周辺が混雑することが予想され、それより早い時間帯、特に10時~14時が空いている時間帯となる可能性が高いです。

また、もう終わってしまいましたが、2023年11月12日(日)には1階のホールでハープとチェロによるコラボ演奏会が開催されるため、こういったイベントがある日などを考慮すると、14時以降は混雑する可能性があります。

このイベントは先着100名限定で入場できるため、チケットの半券が必要になります。

イベント参加には半券など参加条件があるので、他のイベント開催時は注意しましょう。

特に半券は無くさないように保管しておけば安心ですね^^

このような特別なイベントもあるため、テート美術館展をさまざまな視点から楽しむ機会となるでしょう。

テート美術館展大阪の平日における穴時間について

平日の展示は、特に午前中が空いていることが多いです。

17時に始まるイルミネーションイベントに合わせた人の動きを考慮すると、特に午前中の10時から12時までが穏やかで快適に鑑賞できる時間帯と予想されます。

全体的に平日は空いている時間帯が多く、ゆったりとした展示の巡回が可能です。

特に、夕暮れ時まで展示を楽しむと、展示テーマの「光」をより深く感じることができます。

外の光の変化と作品に映る光の違いを比較しながらの鑑賞は、一層の楽しみを提供するでしょう。

ぜひ、この視点から展示を楽しんでみてくださいね!

テート美術館展大阪の基本情報

開催場所は、大阪中之島美術館の5階展示室(大阪府大阪市北区中之島4丁目3−1)です。

開催期間は2023年10月26日の木曜日から2024年1月14日の日曜日まで。

開場時間は午前10時から午後5時までで、最終入場は閉場の30分前です。

休館日は毎週月曜日と年末年始の12月31日、1月1日ですが、1月8日は特別に開館されます。

以上がテート美術館展の基本情報になります。

まとめ

上記記事内容をまとめると以下となります。

  • 週末や祝日は混雑が予想されます。
  • 平日は比較的混雑が少なくなる傾向があります。
  • 朝の時間帯は、平日も休日も比較的空いています。
  • 展示を十分に楽しむための予想所要時間は約2時間です。
  • 平日は待ち時間がほとんどありませんが、週末には待機時間が生じる可能性があります。

光は、見るだけで安らぎや暖かさを感じさせるものです。各作品が独自の形で私たちに安らぎや温もりを与えてくれます。

これには演奏会やマルシェも含まれます。

大切な人、家族、友達、または親しくなりたい人を誘ってみてください。

きっと素敵な思い出になるでしょう。

また、1人で展示を楽しんで、演奏会で心を満たし、活力を得るのも素晴らしいですね。

特に、個性的でおしゃれなグッズは皆さんに喜んでいただけると思います。

大阪限定のグッズの発表も楽しみです。皆さんが楽しむための情報となれば幸いです。

これで、テート美術館展大阪の混雑状況や所要時間、待ち時間や空いてる時間帯についての情報をお届けしました!

広告

>>おすすめのファーストキャビン西梅田の詳細はこちら

>>テート美術館展大阪周辺でおすすめの宿泊先はこちら

また宿泊施設だけでなく、高速バスや航空券の割引クーポンも利用できるため、一度楽天トラベルのクーポンページをチェックすることをおすすめします。

>>交通費・高速バス・航空券がお得な楽天トラベルのクーポンはこちら!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次