本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

プラスチック容器の蓋が開かない現実サヨナラ!手軽に開ける5つの裏技

プラスチック容器の蓋が開かない現実サヨナラ!手軽に開ける5つの裏技

電子レンジの合図、ピーピーピの音。ドアを開けると、どこか不穏な予感が漂います。

そして、予感は的中――蓋が固く閉じていて開かないのです!

こんな状況、皆さんも一度は遭遇したことがあるのではないでしょうか?

私の場合、それはもう日常茶飯事。

「蓋は少し開けて加熱してください」という注意書きを見落とすことも、よくある話です。

たとえ蓋をずらしても、加熱後には不思議と元に戻っていることも。まるで自己修復したかのように。

そんな困った時に役立つ小技をご紹介します。この方法なら、きっとスムーズに開けられるはずです。

さらに、電子レンジを使わずに固く閉じた蓋、例えば病院で受け取ったクリームの容器などの開け方についても、お教えしますよ。

目次

固く閉じたプラスチックの蓋、開け方の秘訣

プラスチックの蓋が固く閉じてしまう背後には、主に2つの理由が隠されています。

気圧の変動

電子レンジで加熱した後に蓋が開かない場合、それは気圧の変化が原因かもしれません。

加熱により発生した蒸気が冷えて水滴に戻る際、容器内の気圧が下がり、外部の圧力によって蓋が密封される状態になるのです。

加熱すると、食品に含まれる水分が熱を帯び、沸点を超えると蒸気に変わります。この蒸気は体積が水の約1700倍にも膨張し、容器内に収まらずに隙間から漏れ出るほどです。

加熱が終わると、温度は自然に下がり始めます。

温度が下がると、蒸気は再び水に変わり、体積が減少します。この時、外部の空気圧が容器を圧迫し、通常の力では蓋を開けにくくなるのです。

この現象は、熱々の食品を容器に入れて蓋をした場合にも起こります。

熱々の食品から発せられる蒸気が容器を満たし、冷却すると蒸気が水に戻り、容器内の空気が減少して外部からの圧力が強まるため、蓋が固く閉じてしまうのです。

蓋と容器の隙間に何かが挟まっている!

食品を容器に詰める時、うっかりと内容物を容器の縁にこぼしてしまい、そのまま蓋を閉じてしまったのです。容器を傾けたとき、中身は溢れ出さなかったものの、蓋と容器の間に滑り込んでしまいました。

時間が経過すると、容器の縁に残った食品がまるで接着剤のように働き、蓋と容器を強固に結びつけてしまうのです。

固いプラスチック蓋を開けるための5つの裏ワザ

プラスチック製の容器の蓋が固く閉じてしまったときの対処法をご紹介します。

電子レンジを活用しましょう!

蓋が気圧の影響で固く閉じてしまっている場合は、電子レンジで加熱することで内部の気圧を正常化させ、蓋を開けやすくすることができます。ただし、加熱しすぎは禁物です。少しの間温めて、様子を見ながら調整しましょう。

蓋を開ける際には、内部から出る蒸気が非常に熱いので、鍋掴みやオーブンミットなどを使って、火傷には十分注意してください。

特に、蓋が目に見えて膨らんでいる場合は、内部に高温の蒸気が充満している証拠です。

蓋を開けた瞬間、その熱気が勢いよく出てくることがあります。

私自身、この熱気で何度か軽い火傷を負った経験があります。水泡ができるほどではありませんが、皮膚が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを感じることがあるので、十分な注意が必要です。

温かい水で対処しましょう!

蓋が気圧変化で固くなってしまった時は、蓋に温かい水をかけてみてください。これにより、蓋がわずかに膨らみ、蓋と容器の間に隙間が生まれます。この隙間から内部の気圧が調整され、蓋が開けやすくなるのです。

私の場合は、容器を流し台に置き、沸騰したお湯を直接かけます。ただし、蓋が熱くなるので、タオルや鍋掴みを使用して開けるようにしています。

過去には、お湯に直接容器を浸してしまい、蓋がパカッと開いてしまい、中身が水浸しになるというハプニングがありました。その際は慌てて取り出したところ、熱さに「アチチ!」となってしまったので、この方法を試す際は十分に注意してくださいね。

容器を変形させてみましょう!

気圧の変化や蓋と容器の間に何かが挟まっている場合には、容器を両手でしっかりと握り、力強く押し潰すようにしてみてください。そうすることで、蓋と容器の間に隙間が生まれます。

気圧が原因であれば、この隙間から外の空気が容器内に流れ込み、蓋が開けやすくなるでしょう。もし何かが挟まっている場合には、この方法で少しずつ粘着を解除していけば、最終的には開くはずです。

特に薄いプラスチックの容器には、この方法が安全で効果的です。

片手で十分な隙間を作れない時は、両手でしっかりと挟んでみるか、それでも難しい場合は、容器を横にしてテーブルの上に置き、上から体重をかけるくらいの力を加えれば、蓋を開けることができるでしょう。

温水に着けて解決しましょう!

蓋が固着してしまった原因を温水で溶かして開ける方法です。この際、熱すぎないぬるま湯が適しています。

蓋の縁が浸るくらいの温水を準備し、その中に容器の蓋部分を沈めてみてください。固着しているものが溶ければ、蓋が開くようになります。

もし直接お湯に浸すのが難しい場合は、温水を含ませた布やキッチンタオルを蓋の周囲に巻きつける方法もあります。

じんわりと固着物を溶かして蓋を開けることができるでしょう。蒸気が出る程度の温かさであれば、その蒸気が隙間に浸透しやすく、より効果的です。

蓋を丁寧に拭いて、滑り止め手袋で開けてみましょう!

病院で受け取る塗り薬の入った小さなプラスチック容器が開かない時は、多くの場合、蓋と容器の間に薬が挟まって固着していることが原因です。

しかし、これは大切な薬品を含んでいるため、電子レンジで温めたり、お湯に浸したりするわけにはいきません。

そんな時は、力任せに開けるしかありませんが、その前に一手間加えます。

まず、蓋をアルコール含浸の消毒綿や消毒スプレー、ジェルで念入りに拭き取ります。これで蓋の表面が滑らかでなくなります。次に、滑り止め加工のあるゴム手袋をはめて、しっかりと握り、回してみてください。

それでも開かない場合は、蓋の周囲にゴムバンドを何周か巻いてみてください。これにより握る部分が増え、より多くの力を伝えやすくなり、蓋を開けやすくなります。

蓋の固着を未然に防ぐコツ

プラスチック容器の正しい使用法を心掛けましょう!

プラスチック容器の蓋が固くなってしまう事態は、適切な対処法があるものの、そもそもそのような状況を避けることが何よりも重要です。

そのためには、プラスチック容器の使用上の注意を守ることが肝心です。具体的には、「電子レンジで加熱する際は蓋を取り外す」または「蓋を少し開けて加熱する」といった指示に従うことが大切です。

蓋を完全に取り外すと、食品の水分が蒸発してしまい、例えばご飯が乾燥して硬くなる恐れがあります。しかし、蓋を少し開けておくことで、食品の水分が適度に保たれつつ、加熱後に蓋が密着して開かなくなるのを防ぐことができます。

電子レンジ対応のプラスチック容器の活用法

最新のプラスチック容器には、蓋を閉めた状態で電子レンジにかけられるタイプが登場しています。これらは蓋と容器の間に微細な隙間を設けており、蒸気が適切に逃げるように設計されているのです。

過度な加熱は蓋の固着を招く

加熱しすぎは、過剰な蒸気を生じさせ、結果として蓋が固く閉じてしまう原因になります。また、食品の水分を過度に奪い、風味を損ねることもあります。

適量を加熱して、不足している場合は追加で温める。このように段階的に加熱することで、過加熱を防ぎ、蓋の開けやすさを保つことが重要です。

まとめ

中身を取り出すためには蓋を開ける必要がありますが、開かないときの焦燥感は誰しもが経験するものです。

そんなストレスフルな瞬間には、いくつかの便利なコツを駆使してみてください。

今後は、「蓋が開かない!」という事態を避けるためにも、電子レンジを使用する際はプラスチック容器の蓋を取り外す、容器の縁にこぼれた内容物は拭き取ってから蓋をするといった基本的なことを心がけましょう。

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。

自分自身にも常に注意を払い、快適なキッチンライフを送れるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次