本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

マイナンバーカードの写真がダメ?不適切?申請が通る写真を解説!

マイナンバーカードの写真がダメ?不適切?申請が通る写真を解説!

マイナンバーカードの写真提出でトラブルに遭遇した話、耳にしたことはありますか?

実は私自身、マイナンバーカードを申請した際、写真が何回か取り直ししなければならなく、苦労したことがあります。

写真が小さすぎたり、自分で撮影したものがぼやけていたりすると、よく受け付けてもらえません。また、写真に傷や汚れがあると、それも理由で却下されがちです。

写真で申請が却下された方々、またこれからマイナンバーカードを申請しようと考えている方々に、申請が通る写真の撮り方をいくつかお伝えします。

マイナンバーカードは、公的な証明書としての役割も果たし、多くの便益を享受できるため、非常に重宝します。

必要ないと思っている方も、この機会に是非取得を検討してみてください。

目次

マイナンバーカードの写真提出で失敗!サイズ選びがカギ

申請が通らなかったのは、もしかしたら写真のサイズが違っていたからかもしれませんね。

自分で準備する写真の標準サイズは、縦4.5×横3.5cmが正解です。

ところが、公式のマイナンバーカード総合サイトに、申請の通った写真は縦2.75cm×横2.20cmに縮小されマイナンバーカードに表示されるという記載されています。これが原因で、間違った縦2.75cm×横2.20cmのサイズを用意してしまう方も少なくありません。

「最初から小さいサイズで問題ないのでは?」と思いがちですが、実際には小さすぎる写真を提出すると、申請が通らない原因になってしまうのです。

マイナンバーカードの写真は、大きすぎても小さすぎてもダメ。サイズ選びには特に注意が必要です。

郵送で申請する場合、一度不受理になると再提出には時間がかかり、非常に手間がかかります。できれば、一回で申請を完了させたいものです。

間違えずに縦4.5×横3.5cmの写真を用意しましょう!

マイナンバーカード用写真の撮影基準と留意事項

さきほど触れた点を踏まえ、マイナンバーカード用写真の申請基準をお伝えします。

  • 郵送申請の際の写真サイズは縦4.×横3.55㎝
  • 最近6ヶ月以内に撮影されたもの
  • 笑顔ではなく表情を抑えた正面向きの写真
  • 帽子やマスクは着用しない
  • 背景無しで、影が映り込まないこと
  • ぼやけや手振れで不鮮明な写真は不可
  • モノクロ写真も受け付け可能
  • 写真裏に氏名と生年月日の記入が必要

顔の方向や表情、写真の鮮明さに注意が必要です。帽子、マスク、サングラスの着用は避けましょう。

笑顔や怒り顔の写真も不受理の対象となり得ます。顔が斜め向きであったり、自撮りでぼやけていたり、髪で顔が隠れている写真は申請に適しません。

私自身、風景を背景にした写真を使用したいと考えましたが、背景が必要ないことを知り、思いとどまりました。

眼鏡をかけている方は、反射やフレームによる目の隠れないよう注意が必要です。

また、写真に傷や汚れ、折れ線、印刷不良がある場合も、受け付けられないことがありますので、注意しましょう。

スマートフォンでのマイナンバーカード申請写真の規格

マイナンバーカードを申請する際は、以下の写真規格を事前にチェックしておくことが重要です。

スマートフォンやコンピューターを利用した申請の場合、以下の基準を満たす必要があります。

写真サイズ幅 480ピクセルから6,000ピクセル
高さ 480ピクセルから6,000ピクセル
ファイルサイズ20キロバイトから7メガバイト
ファイル形式 JPEG
カラーモード RGB(CMYKは不可)
写真の申請規格

これらの基準をクリアしていれば、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した自分撮りの写真も使用可能です。

スマートフォンでの自撮り写真は、直接オンラインでマイナンバーカードの手続きに移行できるため、とても手軽です。

画像編集アプリで加工を施した写真は受け付けられないことがあるので、加工は避けましょう。

「Ki-Re-i」や「Photo-Me」、「Sma・Face!」、「証明写真BOX」、「Digita証明写真」などの自動証明写真機を使用すると、その場でマイナンバーカードの申請が可能です。

公式ウェブサイトで設置場所を確認できるので、是非チェックしてみてください。

スマートフォンを使ってマイナンバーカード用の写真を撮る方法!

実は、スマートフォンでマイナンバーカード用の写真を撮影する際に役立つ小技があるんです。

「背景がなく、顔がくっきりと映る」ことを心がけることがポイントです。これからその方法をお伝えしますね。

写真撮影の背景には「白色」を選ぶのがベスト

写真の背景色に関しては、「白」を選択することをお勧めします。白背景は顔の映りを良くしてくれる効果があります。

背景が雑多なもので溢れていると、写真が受け入れられないリスクが高まりますので、その点は特に注意が必要です。

もし白い壁が手元にない場合は、白いシーツや紙を使って壁に貼り付け、「白背景」を自作すると良いでしょう。

自然光や室内照明による影が写真に映り込むと、写真が不適切と判断されることがあります。また、光が不足していると写真が暗くなり、これも不適切とされることがあるので、光の加減には注意しましょう。

カーテンは撮影時には閉めておくこと、そして照明が近すぎない場所で撮影することも大切です。

顔がクリアに映る自撮りのコツ

カメラを正面に向けて顔がしっかりと映るようにすることが大切です。

スマートフォンを手に持っての正面撮影は少々難しいかもしれません。ピンぼけや手ブレにも気を付けましょう。

三脚やスマホスタンドがあれば、それを活用するのがベストです。また、家族や友人に撮影をお願いするのも一つの方法です。

自撮り棒を使って上から撮影すると、必要な「正面からの撮影」という条件を満たさないことがあるので注意が必要です。

マスクやサングラス、帽子を身につけた状態では、顔の識別が難しくなるため、これらは外して顔がはっきりと識別できる状態で撮影しましょう。

スマートフォンでの自撮り写真の撮影ポイント

スマホでの自撮りにおける重要なポイントをいくつかお伝えします。スマホのカメラアプリには多彩な機能が備わっています。

明るさ調整など基本的な機能の使用は問題ないですが、目を大きく見せたり顔の形を変えるような加工は適切ではありません。

写真は本人確認のためのものなので、自然な状態のものを選びましょう。

私自身、夜間にスマホで撮影した際、暗さや影に苦労した経験があります。夜はどうしても影が気になりがちです。

自撮りも一苦労ですが、昼間の自然光の下で撮影すると、よりクリアで自然な写真が撮れます。

一人での撮影も可能ですが、より良い写真を求めるなら、家族や友人に撮影を手伝ってもらうのも一つの方法です。

専用のカメラがなくても、スマホアプリを使えば自宅で簡単に証明写真を作成できます。これは非常に便利です。

マイナンバーカードだけでなく、運転免許証や履歴書など、さまざまな用途で写真サイズを選択できるので、幅広く利用できます。

再申請には時間がかかるため、スマホでの撮影テクニックを上手に活用して、スムーズな申請を目指しましょう。

マイナンバーカード申請手順

マイナンバーカードを申請するための主要な手段は以下の4つです。

  • パソコンを使用
  • スマートフォンを使用
  • 郵便での申請
  • 公共の証明写真ブース

ウェブサイトを通じてスマートフォンやパソコンで申請する際は、指示に従って必要情報を入力し、顔写真をアップロードして送信します。

パソコンでの申請には、申請書に記載された23桁の申請書ID(半角数字)が必要です。間違いがないように慎重に入力してください。

郵送を利用する場合は、個人番号カードの申請書に氏名を記入し、顔写真を添付して、専用の返信用封筒で送付します。

証明写真ブースを利用する場合は、「個人番号カード申請」を選び、料金を支払った後、申請書のQRコードを読み取り装置にかざしてください。その後、画面に表示される指示に従って情報を入力し、顔写真を撮影して送信します。

これらの方法を使えば、想像以上に手軽に申請が可能です。

申請が完了すると、通常は1ヶ月程度で自治体から交付通知が届きます。この通知書を持って窓口に行き、カードの受け取りを行います。

申請直後にカードが発行されるわけではなく、自宅に直接届くこともありませんので、急ぎで必要な場合は計画的に申請しましょう。

マイナンバーカードの写真っていつ更新出来るの?

マイナンバーカードの写真を変更するには、一定の更新期間を待たなければなりません。写真の更新は以下のスケジュールに従います。

発行日有効期限①(マイナンバーカード)有効期限②(電子証明書)
19歳以下の場合発行日から次の5回目の誕生日まで発行日から次の5回目の誕生日まで
20歳以上の場合発行日から次の10回目の誕生日まで発行日から次の5回目の誕生日まで
有効期限

写真を変更することは、基本的に5年から10年はできないため、申請時には慎重に選んだ写真を使用することが重要です。後から写真が気に入らなくなっても、短期間での変更は認められていません。

写真をどうしても変更したい場合は、現在のマイナンバーカードを廃止し、新たに再交付を申請する手続きが必要です。ただし、この過程でカードは一時的に使用できなくなり、再交付には手数料がかかることがあります。また、単に写真が気に入らないという理由だけでは、再交付の理由として認められないこともあります。

マイナンバーカードの写真を選ぶ際や更新時には、納得のいく写真を選ぶことが大切です。

マイナンバーカードに関する基本情報

マイナンバーカードは、住民の方が申し込むことで無償で提供される身分証明書です。

このカードの表面には、個人の顔写真や名前、住所、生年月日、性別が明記されており、裏面には個人を識別するための12桁のマイナンバーが記されています。

このカードは、様々な場面で本人確認のための書類として活用できます。

例えば、身分証明、個人番号の提出、社会保険や税関連の手続きなどに利用可能です。

マイナンバーカードの利点を以下に羅列します。

  • 未成年者や運転免許証を持っていない人にとって、公式な身分証明書として機能します。
  • 銀行口座の開設やパスポートの発行など、本人確認が必要な場面での身分証明書として使用できます。
  • 印鑑証明や住民票のコピーなどの公的文書をコンビニエンスストアで取得することができます。
  • 青色申告を行うことで税金の節約につながることがあります。
  • 地方自治体や国が提供する様々なサービスで使用することが可能です。

これらの多くの利点を持つマイナンバーカードは、持っていると非常に便利です。ぜひ取得を検討してみてください。

赤ちゃんのマイナンバーカード用写真撮影テクニック

赤ちゃんのマイナンバーカード用の写真を撮る際は、いくつかのポイントを押さえることが大切です。写真は「背景がなく、顔が正面を向いており、個人を識別できる」状態である必要があります。

赤ちゃんでもマイナンバーカードの申請は可能ですが、その写真撮影には特別な配慮が必要です。特に、一人での撮影は親御さんにとって大変な作業です。

プロのフォトスタジオを利用する手もありますが、赤ちゃんの自然な表情を捉えるのは簡単ではありません。自宅での撮影がおすすめです。赤ちゃんも慣れ親しんだ環境でリラックスできますからね。

■自宅での赤ちゃん写真撮影のポイント

  • 白いシーツや布団の上に赤ちゃんを寝かせ、上から撮影する。
  • お座りが可能なら、シンプルな壁の前で背もたれにして撮る。
  • 表情が落ち着くまで待つ。

首がしっかりしていない赤ちゃんは横に寝かせて撮影し、首が座っているなら抱っこしながら撮ることもできます。

抱っこして撮影する際は、撮影者が写り込まないように注意が必要です。赤ちゃん以外の人物が写り込まないようにしましょう。

お座りができる赤ちゃんは、シンプルな背景の前で撮影するのが理想的です。

赤ちゃんの落ち着いた表情を撮るには忍耐が求められます。空腹や眠い時を避け、機嫌が良い時を見計らって撮影しましょう。

写真がぶれたり、耳や頭が切れている写真は不適切です。顔が中心にくるように、正面からの撮影を心がけてください。

まとめ

マイナンバーカード用の写真を撮る際は、以下の基準を満たす必要があります。

  • 写真が適切なサイズであること、ピントが合っていること、そして写真が清潔で傷がないことが求められます。
  • 写真の指定サイズは縦4.5×横3.5cmです。
  • 赤ちゃんの写真をスマートフォンで撮影する際は、平らな布団の上や白い壁を背景にして、表情が落ち着いた瞬間を捉えることがコツです。
  • マイナンバーカードの写真更新は、未成年者は5年ごと、20歳以上の成人は10年ごとに行われます。
  • 写真を新たに変更するには、カードの廃止や返納後の再申請が必要になります。

これらの情報を踏まえて、マイナンバーカードの写真撮影に挑む際の参考にしていただければ幸いです。

赤ちゃんから大人まで、マイナンバーカードは様々な場面で役立つ公的な身分証明書です。

撮影の際はこれらのポイントを念頭に置き、適切な写真を提出しましょう。

お読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次