本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

マフラーいつからいつまで?着用期間とタイミングの見極め方!

マフラーいつから巻くべき?着用期間とタイミングの見極め方!

マフラーは寒さを和らげる素晴らしいアイテムですね。

最近、寒くなってきたせいか、街中でも厚手の服を着る人が増えています。

特に寒さに敏感な方は、もうマフラーを巻き始めたいと考えているかもしれませんね。

でも、外に出たときに自分だけマフラーをしているのはちょっと恥ずかしいですよね。

そこで、冬のマフラーをいつからどのくらいの期間巻くべきか、一般的な目安となる時期の見分け方についてお話しします。

これからの季節、マフラーをどう使うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

マフラーをいつから使う?

マフラーをいつから使うかは、多くの人が悩むところです。

周りの人がまだ使っていないと、自分だけが使うことに抵抗を感じるかもしれません。

そこで、マフラーを巻くべきかどうかを判断する方法を紹介します。

1.気温で判断

その日の最高気温と最低気温を参考にしましょう。

通常、最低気温が6℃を下回る日は、マフラーが必要な日とされています。

最高気温が10℃程度であれば、マフラーを持っていくと良いでしょう。

ただ、最高気温と最低気温が一日で大きく異なることもあるので注意が必要です。

最高気温だけを見て出かけると、朝晩の冷え込みに対応できないかもしれません。

逆に、最低気温だけを見ると、日中暑くなることも。

マフラーは取り外しが簡単なので、基本的には最低気温を重視することをお勧めします。

さらに、一日のスケジュールに合わせて選択することも大切です。

例えば、日中は室内で過ごし、朝晩外出する場合は、最低気温が特に重要になります。

これに対し、専業主婦の方などで昼間に外出することが多い場合は、最高気温を重視すると良いでしょう。

最高気温が10℃近くになると、マフラーを持っていくことを考えた方が良いかもしれません。

2.スタイリングアプリの利用

「おしゃれ天気」のようなスマートフォンアプリを使ってみましょう。

これらのアプリは、現在の天候や気温に応じた服装の提案をしてくれます。

あなたの地域を設定すると、毎日の天気に合わせたコーディネート案がイラスト付きで表示されます。

イラストにマフラーが描かれていれば、マフラーを巻くのに適していると考えられます。

3.テレビの天気予報を利用

テレビの天気予報も重宝します。

多くの天気予報では、気温と共にその日の推奨される服装についてのアドバイスも提供しています。

特に寒い日には、マフラーや手袋を推奨するコメントがあるので注意して見るとよいでしょう。

4.街中の人からファッションチェック

街中の人々の服装は、マフラーを巻くかどうかの良い目安になります。

雑誌やショップでは冬服が既に展示されているかもしれませんが、実際の街の様子を見ると異なることもあります。

周りにマフラーを巻いた人を見かけるようになったら、自分も巻いても良い時期と言えます。

5.カレンダーに合わせる

カレンダーを目安にする方法もあります。

地域によって気温の差はありますが、例えば関東地方では11月から2月がマフラーを巻く適切な時期と考えられます。

11月に入ると、特に朝晩は冷え込む日が増えるので、この時期にマフラーを用意しておくと良いでしょう。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次