本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

デコピンの犬種コーイケルホンディエはどんな子?他に飼ってる有名人は?

デコピンの犬種コーイケルホンディエはどんな子?他に飼ってる有名人は?

大谷選手のペットであるデコピンは、そのユニークな名前と、上品な毛の質感、愛らしい顔立ちで人気ですね。

そんなデコピンの犬種、コーイケルホンディエについて調査してみました。

コーイケルホンディエは、オランダ原産の小型犬で、白とオレンジ色の斑点が特徴的です。

もともとは水鳥を誘うための狩猟犬として使われていましたが、今では愛玩犬としても人気を集めています。

この記事では、コーイケルホンディエの特性や飼育方法、この犬種を飼っている著名人についても記載しました。

目次

コーイケルホンディエの魅力的な特徴

この犬種の体重は大体7〜15kg、肩高は35〜40cm程度で、体の長さと高さがほぼ同じです。

耳は垂れており、豊かな飾り毛が特徴的です。また、尾も垂れ形で、こちらにも飾り毛が豊富にあります。

被毛は直毛かわずかにウェーブがかった長い毛で、耳、腹部、尾、四肢にも飾り毛が見られます。

狩猟犬の血統を引くため、ボール遊びなどの活発な運動が必要です。

性格は明るく、人懐っこく、活動的で、賢く家族に忠実ですが、少し神経質な面もあります。

家族以外の人には用心深く、適切な訓練が求められます。

コーイケルホンディエ
コーイケルホンディエ

コーイケルホンディエの飼い方

コーイケルホンディエの食事管理方法

この犬種には、高たんぱく質で低カロリーの食事が適しています。

肉や魚だけでなく、野菜や果物を含んだバランスの良いドッグフードが理想的です。

「総合栄養食」と表示されたドッグフードなら、水と合わせて完全な食事として与えられます。

おやつを与えたくなる気持ちもわかりますが、栄養バランスを考えてください。

経済的に余裕があれば、生の食材を与えることも一つの選択です。

ドッグフードの場合はパッケージに記載された量を目安にし、生食材を与える場合はペットショップなどの専門家に相談するのが良いでしょう。

1日に2回から3回の食事が適切です。人間と同じように定期的な食事が必要です。

食事の前後には水分補給を忘れずに行いましょう。

コーイケルホンディエのお世話方法

この犬種は密度の高い被毛を持っているため、定期的なブラッシングが必要です。

週に1回から2回、ブラシやコットンを使って優しくケアしましょう。

被毛の特性に応じて、ブラッシングの方法を適宜調整することが大切です。

また、コーイケルホンディエの被毛と皮膚の清潔を保つために、月に1〜2回のシャンプーが推奨されます。

使用するシャンプーやその用具は肌に優しいタイプを選び、泡立ち過ぎないように注意してください。過度な泡立ちは皮膚トラブルの原因になることがあります。

シャンプーの際は、肩から頭にかけて全身を丁寧に洗い、特に耳や目の周りには注意を払いましょう。

コーイケルホンディエの運動としつけ方法

運動に関して、コーイケルホンディエは活発で泳ぎが得意な犬種です。

普通の散歩だけでは彼らの運動ニーズを満たすことは難しいです。

毎日30分から1時間のアクティブな運動を心がけましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを取り入れると、彼らの運動欲求を満たすのに効果的です。

また、近くに水辺があれば、泳がせるのも良いでしょう。

水泳は全身運動になり、筋肉を均等に鍛えることができますが、水温や水質には注意が必要です。

しつけについては、コーイケルホンディエは賢く忠実な一方で、頑固な面もあります。

早期からのしつけが重要です。基本的なコマンドには「おすわり」「まて」「おいで」「フセ」「お手」などがあります。

コマンドを教える際は、声のトーンやジェスチャーを一貫して使いましょう。褒めるときは言葉とともに撫でたり、おやつを与えたりしてください。

叱るときは「ダメ」「やめて」といった言葉を使い、目を見て厳しく伝えましょう。

しつけは繰り返し行うことが重要で、毎日10分から15分程度の時間をかけて、愛犬とのコミュニケーションを大切にしましょう。

コーイケルホンディエを飼っている有名人は?

日本語サイトと英語サイトを調べてみましたが、有名人の方でコーイケルホンディエを飼っていることを公表している方はいませんでした。

大谷選手が初となる様です^^

まとめ

この記事ではコーイケルホンディエに関する情報をお届けしました。

コーイケルホンディエは、その美しい毛並みと魅力的な表情が特徴の犬種です。

運動やケアが少々手間がかかるものの、家族への深い愛情を持っています。

そのため、大谷選手のハートを鷲掴みにしたのでしょう!

これからも大谷選手の愛犬として、私たちに愛くるしい姿を見せ続けてくれることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次