本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

金のなる木の花言葉と名前の起源、そしてその育て方について

金のなる木の花言葉と名前の起源、そしてその育て方について

部屋に緑を加えると、忙しい日々の中でも心が和みますね。ただ、観葉植物の世話を忘れがちで、簡単に枯れてしまうことも。

なので、手入れが容易な種類を選びたくなります。

そこでお勧めなのが、プレゼントにも最適な「金のなる木(カネノナルキ)」です。

このユニークな名前の観葉植物には、どのような特徴があるのでしょうか?

  • 金のなる木の花言葉について
  • この植物の特性や名前の背景
  • 金のなる木を育てる際のコツ

これらの点に焦点を当ててご紹介します。

ぜひ、この情報を役立ててください。

目次

金のなる木の花言葉

金のなる木は、その独特な花言葉で知られています。

金運や長寿を象徴する花言葉を持つこの植物は、観葉植物としても人気があります。

この植物の花言葉には以下のようなものがあります。

  • 一攫千金
  • 幸運を呼ぶ
  • 長寿

金のなる木の葉の形状が金銭を連想させるため、このような花言葉がつけられました。

肉厚で楕円形の葉は、コインのように見え、ここから金運に関連するイメージが生まれたのです。

また、幸運や長寿の花言葉も付けられており、贈り物としても適しています。

特に新築祝いやビジネス開始の際のギフトには最適です。

「幸運を呼ぶ」ことを強調してプレゼントするのも良いでしょう。

金のなる木の名前の由来

金のなる木の名前の由来には面白いエピソードがあります。

この植物はベンケイソウ科クラッスラ属に属し、「クラッスラ・ポルツラケア」という学名を持ちます。

和名では「フチベニベンケイ」や「カゲツ」とも呼ばれていますが、一般的には「金のなる木」として知られています。

英語では「Dollar Plant」や「Money Tree」と呼ばれ、これもその葉の形状がお金を連想させることから来ています。

日本でこの名前が付いたのは、昭和初期に輸入された際、五円玉を枝に刺して販売されたことに由来します。

この仕掛けにより、縁起の良い植物として「金のなる木」と名付けられました。

現在でも、一部の店では五円玉を刺した状態で販売されることがありますが、植物の成長に影響を与えるため、取り除くことが推奨されています。

金のなる木を育てる方法

金のなる木のお手入れ方法にはいくつかのポイントがあります。

特に冬場の水やりは慎重に行う必要があります。

この多肉植物は、葉や茎に水分を蓄える能力を持っているため、肉厚の葉が特徴です。

多肉植物は乾燥に強いので、水やりは季節に応じて調整することが大切です。

過剰な水やりは根腐れの原因になるので注意が必要です。

季節別の水やりの方法は以下の通りです。

秋冬期(10月~3月):月に1~2回、鉢底からわずかに水が漏れる程度に。
春夏期(4月~9月):土が完全に乾いたら、たっぷりと水を与えます。

金のなる木は育てやすいものの、寒さと湿気には弱い面もあります。

不足する日光や過剰な湿気は、葉が落ちたり根腐れの原因になることがあります。

健康な状態で育てるためには、日当たりが良く乾燥した場所での管理が適しています。

夏場は屋外でも育てられますが、気温が5度以下になると室内へ移動させると良いでしょう。

冬は日光が当たりつつも暖かい場所が適しています。

金のなる木は花を咲かせるポイント

金のなる木は花を咲かせることも可能です。

花は11月から2月にかけて、白と薄いピンクの小さな花が枝に咲くことがあります。

花を咲かせるためには、8月初旬から9月下旬まで水やりを控え、乾燥させることがポイントです。

9月下旬を過ぎると、水を与え始めると花芽が現れ、11月頃に開花します。

金のなる木の花は毎年愛らしい姿を見せてくれます。

また、花が咲く頃には葉の縁が赤く色づくことから、「フチベニベンケイ」という和名がつけられました。

金のなる木
金のなる木

まとめ

「金のなる木(カネノナルキ)」は、そのお金にちなんだ花言葉から、贈り物としても最適です。

また、手入れが容易なため、室内での育成にも向いています。

この植物を育てる際のコツは、水を適量与えて乾燥気味に保ち、日の当たる場所に置くことです。

特に夏から初秋にかけての水やりを控えると、白い魅力的な花が咲く可能性があります。

運気やお金を引き寄せるとされる「金のなる木」は、室内の雰囲気を明るくしてくれます。

是非、大事に育ててその恩恵を享受してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次