本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

1升は何キロ?お米を例に、お茶碗で量ったら何杯になるかを調査!

1升は何キロ?お米を例に、お茶碗で量ったら何杯になるかを調査!

普段お米を購入する際、皆さんは「一升のお米って何キロなの?」と思ったことはありませんか?

「一升餅」や「一升瓶」などで聞かれる一升(いっしょう)とは、お米を測る単位ですが、実際のお米が何キログラムになるか気になりますよね。

私たちの日常生活に不可欠なお米について、もっと深く知りたいと思いませんか?

そこで今日は、以下のような話題をお届けします。

  • 一升のお米が何キロになるのか?
  • 生米と炊き上がったご飯の重さに違いはあるのか?

このような一升のお米に関する様々な話題をご紹介していきます。

目次

お米1升の量と重さ

お米1升は約1.5キログラムです。

ここで「升」とは重さの単位ではなく、容量を示す単位です。

一般的にはリットルや立方センチメートル(cc)と似ています。

お米を計量する際には「合」という単位がよく使われます。

「合」も「升」と同様に容量の単位で、主に東アジアで使用される尺貫法に属します。

ちなみに、1升は10合に相当します。

お米1升(10合)の重さは約1.5kgで、1合は約150gです。

現代では核家族が主流となり、1升のお米を一度に炊くことは珍しくなりました。

そのため、炊飯器も多くは5合炊きが主流です。

しかし、1升のお米を炊くと何人分になるのか?興味が沸いたので少し計算してみることにしました。

1升のお米で炊けるご飯の人数

1升のお米が何人前かを計算するには、1人前のご飯の量と炊き上がりのご飯の重さを知る必要があります。

1.1人前のご飯の量

通常のお茶碗で盛ると、1人前のご飯は約150gです。

2.炊き上がったご飯の重さ

生米と炊き上がったご飯では重さが異なります。

標準的な白米1合は、生米の状態で約150g、水につけた後は約200g、炊き上がると約350gになります。

このことから、生米と炊き上がったご飯では重さが2倍以上になることがわかります。

3.1升のお米が何人前かの計算

これらのデータを元に計算します。

1合のお米から炊いたご飯=350g
1升のお米=10合=350g×10=3500g

中盛りサイズのお茶碗1杯のご飯=150g

1升のお米から炊けるご飯÷お茶碗1杯のご飯=3500g÷150g=約23人前

つまり、1升のお米からは約23杯の中盛りサイズのお茶碗分のご飯が炊けることになります。

一升は何リットルに相当する?

今まではお米の重さに焦点を当てていましたが、「升」という単位は元々容量を表すものです。

一般的な容量の単位としては、リットルや立方センチメートル(cc)があります。

では、お米の升や合をリットルやccに換算するとどのようになるのでしょうか。

お米の量とリットル・cc換算は以下の通りです。

  • 1升(10合)は約1.8リットル
  • 1合は約180cc(180ml)

興味深い点は、1合のお米が180ccあるにもかかわらず、その重さが150gしかないことです。

通常、水は1ccで約1gの重さがありますが、お米は水よりも重いため、1ccあたり1g以上の重さがあると考えられます。

これは、お米の粒と粒の間にできる空間が影響しています。

そのため、180ccのお米の重さが150gになるのです。

お米は“合”を基準に炊飯器で炊かれる一方で、販売時には10kgや5kgなど重さを基準にされる理由が理解できます。

炊飯時の水の量の目安は、お米の容量の1.1〜1.2倍です。

例えば、1合(180cc)のお米を炊く場合、200ccの水が必要です。

1升(1.8リットル)のお米を炊くなら、2リットルの水を使います。

洗い米を炊く場合、お米の量と同じ量の水を使えば良いと覚えておきましょう。

では、10kgのお米は何合になるか計算してみましょう。

  • 10kgは約6.7升(66.7合)
  • 5kgは約3.3升(33.3合)
  • 1kgは約6.7合

になります。

一升餅と一升米の伝統

子どもの初めての誕生日に行われる一升餅や一升米の祝いは、「一生食べ物に困らないように」という願いを込めた日本の風習です。

ここで使われる「一升」と「一生」は言葉遊びの一種です。

地域によっては、お米を使うところもあれば、角餅や丸餅を用いるところもあります。

最近では、お米が選ばれることが多くなっています。

その理由の一つは、お祝いに来た人々にお米を分けやすいことや、万が一お祝いが延期になった際の保存性の良さです。

注目すべき点は、子どもにとっての重さの違いです。

お餅は約2kgなのに対し、お米は約1.5kgと軽量です。

満1歳の男の子は体重が約7.7〜11kg、女の子は約7.2〜10.5kg程度で、1.5kgのお米は子どもにとってはかなりの重さです。

50kgの大人が10kgのリュックを背負うのと似た負担と言えるかもしれません。

お米を選ぶとしても、その重さは決して軽いとは言えないのです。

まとめ

1升のお米は容量を意味し、約1.5kgの重さです。

「2合のお米を炊く」という表現をよく聞きますが、「合」も「升」と同じく容量を表す単位で、東アジアで昔から使われる尺貫法に基づいています。

この単位をよく知られているリットルや㏄に変換すると、1合は約180㏄(180ml)1升は約1.8リットルとなります。

炊きあがった1升のお米は約3.5kgに増加し、中盛りサイズのお茶碗で約23杯分に相当します。

近年、家庭では核家族化が進み、炊飯器も5合炊きが主流になっています。

そのため、1升のお米を炊く機会はほとんどありませんが、これらの情報を覚えておくと、いつか役立つかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次