本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

グッツとグッズの正しい発音はどっち?違いの考察

グッツとグッズの正しい発音はどっち?違いの考察

本日は「グッズ」と「グッツ」の違いについて話したいと思います。

「アーティストのグッズ、買ったよ」「新作のグッツ、もうすぐ出るって!」こんな風に話すこと、よくありますよね。

「グッズ」と「グッツ」の発音の違い、気になりますよね。みなさんはどちらの表現を使っていますか?

インターネット上では、「グッズ」と「グッツ」という表記が混在していることがあります。

この二つの言葉の間には一体どのような違いがあるのでしょうか?

また、どちらの言い方が正しいのでしょうか?

今日は、「グッズ」と「グッツ」の違いと、どちらが正しいかを明らかにしていきます。

ぜひチェックしてみてください。

目次

「グッズ」と「グッツ」、どちらが正しい表現?

実は、両者が指すのは商品や物ですが、「グッズ」の方が正しい表現なんです。

さらに詳しく言うと、「グッツ」という言葉自体は本来存在しないのです。

それにもかかわらず、「グッツ」という言葉が使われている理由と、「グッズ」がなぜ正しい表現なのか。

この二つの言葉の違いと背景については、以下で詳しく解説しています。

「グッズ」が正しい表現である理由について解説

「グッズ」という言葉は、英語の「goods」を日本語の読み方に合わせてカタカナで表記したものです。

英語の「goods」には、複数形を示す「s」がついているのがわかりますね。

複数形の「s」は、通常「ズ」と発音されます。例えば、

  • アベンジャーズ
  • シューズ
  • ブラザーズ

など、多くの言葉でこのルールが当てはまります。ただし、単数形の語尾によって「ス」と発音されることもあります。

つまり、「goods」という単語についている「s」が複数形であるため、カタカナでの正しい読み方は「グッズ」となるわけです!

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次