本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

ダウンはいつからいつまで?季節の変わり目と気温の目安

ダウンをいつから着始めるべき?季節の変わり目と気温の目安

冬の寒さに対抗するための「ダウン」は、そのふわふわとしたボリューム感で、一見とても暖かそうですよね。

このため、いつから着始めるかを決めるのが難しいと感じることはありませんか?

「もうダウンを着ているの?」と周りに思われるのが気になるかもしれませんね。

この記事では、ダウンジャケットをいつから着るべきかについて、詳しく掘り下げてみましょう。

目次

ダウンジャケットの適切な着用時期

羽毛や羽根を詰めたダウンジャケットは、その優れた保温性で冬の寒さに強い味方です。

腰までの長さのジャケットでも、冬の間は大いに役立ちます。

ダウンジャケットを着るのに最適な気温

朝夕の気温が急に低下し、10度以下になるとダウンジャケットを着るのに適した時期と言えます。

11月半ば頃から、特に通勤や通学時の寒さに対応するために着始めるのが良いでしょう。

日中はまだ暖かい時期は、薄手のインナーダウンを利用するのが便利です。

これは単独での着用や、他のアウターの下に着ることも可能です。

ダウンジャケットを着る期間はいつまで?

薄手のダウンジャケットは3月末まで、厚手のものは3月半ばまでが一般的な目安です。

最高気温が15度近くになると、ダウンジャケットを脱ぎたくなる時期ですね。

ただし、地域によっては3月でもまだ冬のような寒さが続くことも。

そんな時は、春のコートの下に薄手のダウンを合わせることで、季節感を出しつつおしゃれに対応するのがおすすめです。

ダウンコートの適切な着用時期について

ダウンジャケットより長めのダウンコートは、その暖かさとボリューム感で、厳しい寒さや雪の日も楽々対応できます。

ダウンコートを着るのに適した気温

最高気温が一桁になり、朝夜は氷点下になるような冬本番に、ダウンコートは大活躍します。

通常は12月半ばからがダウンコートのシーズンです。

着丈が長いダウンコートは、デザインに工夫がされていることが多く、フードやファーの付いたものなどがあります。

真冬には前を閉じて着ることが多いので、閉じた状態で似合うデザインを選ぶことが大切です。

ダウンコートの着用期間は?

ダウンコートは冬の主要なアウターとして、2月末までが着用の目安です。

しかし、3月に入っても寒い日や雪が降る日があれば、ダウンコートを着用しても問題ありません。

春に近づくにつれて、以下のような工夫をすることで、季節感を出しつつスタイリッシュに過ごせます。

  • 薄手のダウンコートを選ぶ
  • 取り外し可能なファーを外す
  • 靴やバッグなどの小物で春らしさを演出
  • タートルネックの代わりに春らしいトップスを合わせる

これらの工夫により、真冬とは異なる春先の装いを楽しむことができます。

ダウンベストの着用適期について

カジュアルやスポーツスタイルにマッチするダウンベストは、おしゃれで防寒性に優れたアイテムです。

ダウンベストを着るのに適した気温

ダウンベストを取り入れる時期は、組み合わせる服装によって異なります。

Tシャツやカットソーの上に着る場合、最高気温が約15度の時期から適しています。

薄手のダウンベストは、季節の変わり目に早めに取り入れることができます。

9月後半から10月初旬にかけて、急に寒くなることがありますよね。

そんな時期にダウンベストを着始めるのが最適です。

ダウンベストの着用期間は?

ダウンベストは、3月下旬のまだ肌寒い時期まで役立ちます。

春の装いにダウンベストを加えることで、寒さを感じる季節から春らしいファッションを楽しむことができます。

まとめ

ダウンアイテムは、内部の羽毛や羽根が暖かい空気を閉じ込めることで、高い保温効果を発揮します。

薄手のインナーダウン、ダウンベスト、厚手のダウンコート、カジュアルなダウンジャケットなど、様々な種類があります。

気温や気候に応じて、これらを上手に活用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次