本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

コートはいつからいつまで?着用可能な期間と気温のガイドライン

コートをいつから着るべき?着用可能な期間と気温のガイドライン

コートをいつ着始めるのが適切か、そしていつまで着続けることができるのか、疑問に思う方は多いですよね。

朝晩の冷え込みが感じられるようになると、コートを取り出す時期が近づいてきます。また、他の人たちはどのタイミングでコートを着始めるのか、気になる方もいるでしょう。

春が近づくと、いつまでコートを着用していいのか、毎年迷う方も少なくありません。

この記事では、コートをいつからどのように着用するのがベストか、そしていつまで着続けることが適切かについて、気温の目安を交えて解説します。

目次

コートをいつ着始めるべきか?

秋から冬への季節の移り変わりによって異なりますが、最適なタイミングはいつでしょうか?

地域や個人によって寒さの感じ方は異なり、コートを着る正確な時期に固定のルールは存在しません。

早く着すぎたり、遅れて着たりすると、他の人と比べて寒さへの感覚が違うように見えてしまうこともありますね。

そういう時、気温の動向を参考にするのが一つの方法です。

コートは寒さを感じたときに着るものですから、気温の変動に注意を払うことが重要です。

例えば、例年の東京の9月から12月までの気温の推移を見てみましょう。

日中の平均気温よりも、最低気温に注目すると良いでしょう。

  • 9月:この月はまだ暖かく、時には夏のような日もあります。平均気温は約20°Cから28°Cの範囲で、最低気温は20°C前後です。
  • 10月:秋が深まるにつれて、気温は徐々に下がります。平均気温は約15°Cから22°Cの範囲で、最低気温は15°C前後です。
  • 11月:寒さが増し、冬の訪れを感じ始めます。平均気温は約10°Cから17°Cの範囲で、最低気温は10°C前後です。
  • 12月:冬本番となり、寒さが厳しくなります。平均気温は約5°Cから12°Cの範囲で、最低気温は5°C前後です。

軽いコートをいつ着始めるか?

季節の変わり目によって異なります。

9月はまだ20℃を超える暖かい日が多いですが、10月に入ると、最低気温が15℃以下になる日が増え、肌寒さを感じ始めます。

例年の10月を振り返ると、15℃以下になる日は数日程度のことが多いです。

このような気温の変化を踏まえると、薄手のコートを着始めるのに適した時期は10月の中旬頃と言えます。

ここで言う薄手のコートとは、トレンチコートのような綿素材のものを指します。

厚手のコートをいつから着るべきか?

季節の変化によって異なります。

11月には日中の最高気温が20℃近くに達することもありますが、朝晩は徐々に冷え込んできます。

例年の気温データで考えると、10月は10℃を下回る日がないことが多いものの、11月に入ると最低気温が15日間も下がり、寒さが増すことが多いです。

例年、10月は10℃を下回る日が少ないのに対し、11月は半月ほど寒い日続くことがあります。

これらのデータを基にすると、厚手のコートを着始めるのに適した時期は11月の初旬から中旬頃と判断します。

11月は実質的に冬の始まりと考えても良いでしょう。そのため、薄手のコートから厚手のコートへの切り替えを考えるのが適切です。

ここで言う厚手のコートとは、チェスターコートのようなウール素材のものを指します。

コートの購入時期について

秋向けの軽いコートが店頭に並び始めるのは大体10月の初旬です。

しかし、その年の新作を含む厚手のコートの品揃えが豊富になるのは10月の終わりごろです。

薄手のコートを探す場合、9月の終わりから10月の中旬が適切な時期です。

一方で、より厚手のコートを求めるなら、10月の中旬から11月の初旬にかけてが最適です。

さらに、年末のセールや福袋の時期には、お得な商品が見つかることもありますので、この時期の購入もおすすめです。

コートは通常、定価が高めですから、セール時に購入すると大幅な節約になることが多いですね!

コートをいつまで着続けるべきか?

季節の変わり目によって異なります。

特に、冬から春にかけての時期は、ショップの店頭に春服が登場し始めるため、冬物の着用をいつまで続けるか迷う方も多いでしょう。

この点について、例年の東京の気温の変化を見てみると参考になります。

1月から5月までの気温の推移を見ると、以下のようになっています。

  • 1月:東京の1月は通常、一年で最も寒い月の一つです。平均気温は約5°Cから10°Cの範囲で、最低気温はしばしば0°C近くまで下がります。
  • 2月:2月も寒さが続きますが、徐々に春に向かって暖かくなり始めます。平均気温は約5°Cから10°Cの範囲で、最低気温はやはり0°C近くです。
  • 3月:春の訪れとともに、気温は徐々に上昇します。平均気温は約10°Cから15°Cの範囲で、最低気温は5°C以上になることが多いです。
  • 4月:春本番で、気温はさらに上昇します。平均気温は約15°Cから20°Cの範囲で、最低気温は10°C以上になります。
  • 5月:初夏に向けて、気温はさらに暖かくなります。平均気温は約20°Cから25°Cの範囲で、最低気温は15°C以上になることが多いです。

上記データを参考に、コートの着用をいつまで続けるか判断するのが良いでしょう。

コートを着るべき気温の目安について

コートを着るべき気温の目安について考える際、環境省が冬の室内での適切な温度として20℃を推奨していることが参考になります。
しかし、冬の屋外では20℃に達することは少なく、寒さを感じることが一般的です。

外気温が20℃をわずかに下回る場合、ジャケットなどの軽い上着で十分かもしれませんが、さらに気温が低下すると、コートが必要になってきます。

このような状況を踏まえると、コートを着始める目安としては、最低気温が15℃程度の時が適していると言えます。

コートの着用タイミングを最低気温と季節に基づいて整理すると、以下のようになります。

15℃以下(10月中旬頃):ジャケットだけでは寒いため、薄手のコートが適切。
10℃以下(11月上旬頃):薄手のコートでは寒く、厚手のコートが必要。

そして、コートを脱ぐタイミングは以下の通りです。

10℃以上(4月上旬頃):厚手のコートから薄手のコートへの切り替え。
15℃以上(4月下旬頃):薄手のコートからジャケットなどへの切り替え。

まとめ

冬の朝や夕方の通勤や通学時は、寒さが厳しいものです。

コートを着るかどうかの判断には気温が重要な指標となりますが、寒さを感じる度合いは人それぞれ異なります。

日中に気温が上昇するとコートが暑く感じることもありますが、寒いと感じたら無理せずコートを着用してください。

さらに、ストールや手袋、マスクを利用することで、寒さ対策は格段に向上します。

これらを早めに準備しておくことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次