本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

忘年会の断り方と欠席のコツ!バレない理由の作り方とスマートな対応!

忘年会の断り方と欠席のコツ!バレない理由の作り方とスマートな対応!

年末を彩る忘年会は、親しい人々となら盛り上がるイベントです。

しかし、職場や会社の忘年会になると、状況は少し異なります。

多くの人が、「楽しみたいけれど、職場の雰囲気や立場を考慮しなければ」と、参加するかどうかで迷うことがあるかもしれませんね。

目次

忘年会を辞退する際の注意点

年末の大事なイベント、忘年会を辞退する際は注意が必要です。

特に、会社や職場の忘年会は繊細な扱いが求められます。

仲間との親密な集まりと異なり、職場の忘年会は気を使う必要があり、疲れることもしばしばです。

特にお酒が苦手だったり、騒がしい場所を好まない人には、忘年会がストレスになることもあります。

しかし、将来の関係を考えると、付き合いを無視するわけにはいきません。

忘年会を断る場合は、将来の人間関係を損なわない方法を考えることが重要です。

計画的に断ることが鍵です。事前に幹事に通知し、迷惑をかけないようにすることが大事です。

急なキャンセルは避けるべきで、特に当日キャンセルは店側に迷惑をかけることがあります。

仕事上の関係に支障をきたさないよう、断る方法には慎重になる必要があります。

特に体育会系の環境では、断る態度が悪い印象を与えかねません。嘘をつく場合でも、質問に対処できるように準備しておくことが重要です。

断る方法には、嘘をつく、メールで断る、正直に理由を述べるなどがあります。

状況に応じて、適切な方法を選ぶことが大切です。

嘘を使って辞退する際のポイント

嘘を用いる際、しっかりとした話を準備しましょう。

理由が不明確だと、問われた際に動揺し、嘘が露呈する恐れがあります。

後に嘘が明らかになると、信用を失う可能性が高いので、細心の注意を払いましょう。

詳細を話し過ぎないように気をつけてください。

聞かれてもいないことを多く話すと、疑われる原因になります。

聞かれたことだけに答える程度に留めるのがベストです。

相手の目を適切に見ることも重要です。

嘘をつくとき、通常の会話と同じように振る舞うことが必要です。

家族や友人を相手にシミュレーションをしておくと良いでしょう。

正直に断る場合は、相手を選ぶことが大切です。

仕事関係の忘年会など、後の影響を考えて、場合によっては嘘を使うことも検討しましょう。

何よりも、断る際は感謝の意を先に伝えましょう。

「お誘いありがとうございます」と感謝を示し、断る理由を伝えることで、相手を不快にさせないようにしましょう。

特に幹事には、きちんと伝えることが大事です。

メールでの断り方についてのポイント

メールで断る際は、まずは参加意欲があることを伝えるのが良いでしょう。

たとえ嘘でも、「参加したかった」という感情を示すことで、単に断るよりも相手に理解してもらいやすくなります。

「行きたいけれど、◯◯のために行けない」という表現を使うと、より好印象を与えられます。

理由は短く、明瞭に伝えましょう。

長々と言い訳をするより、「ご招待ありがとうございますが、○○の理由で残念ながら参加できません」と簡潔に伝える方が相手にも分かりやすく、スムーズです。

曖昧な表現は避けてください。

「都合が悪い」や「行けるかもしれない」といった不確定な断り方は、相手を混乱させる可能性があります。

また、これらの言葉は当日の人数変更によるキャンセル料など、幹事に迷惑をかけることになります。

初めから参加しないと決めている場合は、これらの表現は避けましょう。

メールで断る場合の参考文例としては、以下のような形が適しています。

飲み会のお誘いありがとうございます。
残念ながら今回は都合が悪く、参加できません。
申し訳ありません。

お誘いいただき感謝します。
しかし、最近体調を崩していて、お酒を控えています。
また次の機会にご一緒できれば幸いです。

シンプルな文面で、感謝の意を示しながらお断りするのが適切です。

忘年会を辞退するための適切な理由

お酒を控える健康上の理由

「健康上の理由でお酒を控えています」というのは、忘年会を辞退する妥当な理由となります。

通常、体調の問題については、詳しく問われることは少ないです。

体調不良を理由にする際は、「非常に残念ですが、次の機会に」と付け加えると好印象です。

趣味や他の予定がある

「趣味や避けられない予定がある」という理由で断るのも効果的です。

大まかに理由を述べれば、通常は深く追及されることはありませんが、念のため「何の予定か」と聞かれた場合の答えを準備しておくと良いでしょう。

家族や子供に関する重要な用事

子供や家族に関する重要な用事があると伝えるのも一つの方法です。

これらの事情は他人が掘り下げにくいため、「子供の看病が必要」や「実家に帰る必要がある」といった断り方は受け入れられやすいです。

運転の予定がある

運転予定があるというのも、現代では有効な断り文句です。

飲酒運転に対する意識が高まっているため、この理由は多くの場合受け入れられます。

ただし、「お酒を飲まなくても参加して」と提案される可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

忘年会を断る際は、相手に悪い印象を与えず、スマートに辞退することが大切です。

上記のような理由は、そうした場合に参考になるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次