本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

馬鈴薯とメークイン違いは何?他の種類のジャガイモを含め深掘り解説!

馬鈴薯とメークイン違いは何?他の種類のジャガイモを含め深掘り解説!

馬鈴薯とメークイン、一見似ているようで実は大きな違いがあるのをご存知でしょうか?

日本の食卓に欠かせない馬鈴薯ですが、その中でも特に人気のメークインには、他の品種とは異なるユニークな特徴があります。

この記事では、馬鈴薯の一般的な呼称や語源から始まり、メークインの起源、形状、食感、そして料理への適用に至るまで、詳しく解説しています。

また、男爵芋やキタアカリ、インカの目覚めなど、他の馬鈴薯品種との比較を通じて、それぞれの特性と用途を明らかにします。

この記事を読むことで、馬鈴薯の多様性と、それぞれの品種が持つ魅力を深く理解することができるでしょう。

馬鈴薯を使った料理の幅を広げたい方、品種の違いに興味がある方には特におすすめの内容です。

目次

馬鈴薯とは:日本における一般的な呼称

馬鈴薯、日本で広く親しまれているこの野菜は、実は「じゃがいも」の別称です。

この名前は、中国から伝わったホドイモというマメ科の植物に由来し、江戸時代末期に日本でじゃがいもと同一視されるようになりました。

じゃがいも自体は1600年頃、オランダ人を通じて日本に伝来し、「ジャガタライモ」と呼ばれていたことから、現在の名前に短縮されたのです。

馬鈴薯の語源:中国からの影響と日本での普及

馬鈴薯という呼称は、中国のホドイモというイモを指す言葉でしたが、日本ではじゃがいもの別名として定着しました。

この歴史的背景は、日本の食文化におけるじゃがいもの重要性を物語っています。

今日では、馬鈴薯は様々な種類のじゃがいもを指す総称として使われています。

馬鈴薯の代表的な品種:メークインの特徴

メークインは、イギリス原産のじゃがいもで、日本には大正時代に導入されました。

この品種は、長い楕円形で表面が滑らかなのが特徴です。皮が剥きやすく、食感は粘り気がありなめらか、甘みも感じられるため、煮物に適しています。

この黄色っぽい色合いと煮崩れしにくい性質は、料理の幅を広げる要素となっています。

メークインの起源と日本への導入

メークインは、もともと「May Queen」という名前で知られ、イギリスから日本に伝わりました。

大正時代に日本に渡ってきたこの品種は、その独特の特性からすぐに人気を博し、日本の食文化に深く根付きました。

メークインの形状と食感:料理への適用

メークインの滑らかな表面と長楕円形の形状は、料理の際に扱いやすさを提供します。

粘り気があり、なめらかな食感と甘みは、特に煮物においてその品質を発揮します。

この品種の特性を理解することで、料理の選択肢が広がり、馬鈴薯を使った多様な料理を楽しむことができます。

他の馬鈴薯品種との比較

馬鈴薯の世界は多様で、メークイン以外にも様々な魅力的な品種が存在します。

特に注目すべきは、男爵芋とキタアカリ、そしてインカの目覚めです。

これらの品種は、それぞれ独自の特徴を持ち、料理において異なる役割を果たします。

男爵芋:アメリカ起源の特徴と用途

男爵芋は、アメリカ原産のアイリッシュ・コブラーがルーツで、日本での試験栽培に成功した品種です。

この品種は、川田龍吉男爵が導入したことからその名が付けられました。

男爵芋の特徴は、その丸くゴツゴツとした外観と、皮が剥きにくいことです。

しかし、その粘り気が少なくホクホクとした食感は、じゃがバターやこふきいも、コロッケやポテトサラダなど、様々な料理に適しています。

キタアカリとインカの目覚め:それぞれの独特な特性

キタアカリは、北海道の試験場で男爵芋とツニカを交配させて生まれた品種です。

別名「栗じゃがいも」や「黄金男爵」とも呼ばれ、その黄色い肉質は甘みが強く、蒸すとホクホクとした食感が楽しめます。

一方、インカの目覚めはアンデス地方原産の在来種とアメリカの品種を交配させたもので、その名前はアンデスの古代帝国に由来します。

この品種は、やや縦長の形状と濃い黄色の肉質が特徴で、粘り気が強いため、カレーやシチューなどの煮込み料理に適しています。

馬鈴薯の多様性:料理における選択肢

これらの馬鈴薯の品種を理解することで、料理の選択肢が広がります。

メークインの滑らかな食感と甘み、男爵芋のホクホク感、キタアカリの甘みとホクホク感、そしてインカの目覚めの粘り気と色彩。

これらの特性を活かした料理は、食卓を豊かに彩ります。

馬鈴薯の種類によって変わる食感や味わいを知ることは、料理の楽しみを深める鍵となるでしょう。

まとめ

この記事を通じて、馬鈴薯の世界の奥深さをご紹介しました。

以下のポイントでその要点をまとめます。

  • 馬鈴薯は日本で広く使われるじゃがいもの別称で、その語源は中国に由来します。
  • メークインはイギリス原産で、日本に大正時代に導入された品種です。その滑らかな表面と甘みのある食感が特徴です。
  • 男爵芋はアメリカから来た品種で、ホクホクとした食感が特徴。キタアカリとインカの目覚めは、それぞれ独自の甘みと食感を持ちます。
  • これらの品種を理解することで、料理の選択肢が広がり、食卓が豊かになります。

馬鈴薯の種類を知ることは、料理の楽しみを深め、日々の食生活に彩りを加えることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次