本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

降水量1mmってどのくらい?傘が必要な雨なのか?

降水量1mmってどのくらい?傘が必要な雨なのか?

テレビやニュースでよく聞く降水確率1mmはどのくらいか?について、その意味や実際の影響を紹介します。

多くの人が疑問に思うであろうこの降水量がどの程度なのか、そして傘を持つべきかどうかを探ります。

また、この記事では野外活動やスポーツが1mmの雨量で可能かどうかについても触れています。

詳細は記事の後半部分でご確認いただけます。

目次

降水量1mmってどのくらい?

日常的にニュースやテレビで聞くこの用語は、特定の時間内に雨量計に計測される雨や雪の総量を指します。

簡単に言えば、降った雨や雪の量がそれに該当します。

降水量という言葉を天気予報で耳にすることは多いですが、その数値が実際にどのような影響をもたらすのかを具体的に理解している人は少ないかもしれません。

例えば、1mmの降水量と聞いても、その意味するところがすぐには思い浮かばないでしょう。

この数値は、1平方メートルの地面に1mmの高さまで水が溜まることを意味しています。

これをもう少し分かりやすく言い換えると、1平方メートルの範囲に1リットルの水が降り注ぐことになります。

成人が使用する傘の下の面積がおおよそ1平方メートルであることを考えると、1時間に1リットルの雨がその傘に当たることになるわけです。

この量は、一見すると少なく感じられるかもしれませんが、霧雨のような細かい雨が連続して降り続けることを想像してみてください。

では、降水量1mmとは具体的にどの程度のことを指すのでしょうか。

降水量1mmの体感と対策

降水量が1mmの場合、その雨は霧雨に近い感覚で受け止められることが多いです。

大人であれば、傘を使用しなくても大きな不便を感じないかもしれませんが、幼児やベビーカーを使用している場合は、レインコートやレインカバーを用意するなどの対策が必要になります。

雨量がわずかに増えると、道路に水溜りができ始め、子供たちには長靴が必要になるなど、雨具の選択にも変化が出てきます。

つまり、1mmの降水量は、「傘がなくてもなんとか耐えられるレベル」を意味します。

しかし、1mmというのは0.9mmを含まない点に注意が必要です。

これは小数点以下を切り捨てるため、実際には1mmから1.9mmの範囲を指します。

この幅が意外に広いため、「降水量1mmなら大丈夫」と考えると、思わぬほど濡れることもあり得ます。

また、この量の雨が降ると、アスファルトの色がわずかに変わる程度です。

これは、「ちょっと雨が降っているね」と感じる程度の雨量と考えることができます。

傘

降水量1mmでの傘の必要性について

持ち運びが面倒であっても、降水量が1mmと予報されている日に傘を持たないで出かけるのは危険です。

確かに天気予報はいつも正確ではないため、予想以上に雨が強くなることもあり得ます。

したがって、傘が必要かどうかという問いには、やはり傘を携帯しておくことをお勧めします。

特に、わずかな雨量であっても油断は禁物です。

折りたたみ傘など、持ち運びが便利なタイプを選ぶと良いでしょう。

周囲の人々の対応

見回すと、傘を使用している人もいれば、使わずにいる人もいるような状況が見受けられます。

傘を持っている場合は使うものの、持っていない場合は我慢するというのが一般的な様子です。

では、降水量1mm以上での感覚はどうなるのでしょうか?以下にそれを表してみます。

降雨量雨の大きさ傘の有無
1mm小雨傘はいる人といらない人がいる(折り畳み傘で十分)
2mm傘必要
5mm中雨傘必要(できれば大きい傘)
10mm大雨傘必要(できれば大きい傘)
降雨量と雨

この表からわかるように、1mmの降水量が傘の必要性を判断する上で最も微妙なラインです。

天気予報では1.9mmの雨量が降るかどうかは明確には示されないため、濡れたくない場合は傘を持っておくのが安全策です。

また、降水量2mm以上では傘が確実に必要です。

ちょっとした外出でも傘を購入したくなるような雨量なので、やや大きめの傘を選ぶことが望ましいでしょう。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次