本ページは広告・PR・プロモーションが含まれています。

11月25日は何の日?ハイビジョンの日?実は9月16日も?その由来と二つある理由も解説!

11月25日は何の日?ハイビジョンの日?実は9月16日も?その由来と二つある理由も解説!

日本では特定の日に特別な意味を持つ「記念日」が数多く設けられています。

その中でも特筆すべきは、テクノロジーと関連する記念日の一つである「ハイビジョン記念日」です。

年に二度、11月25日と9月16日にこの記念日が設定されていますが、その背景には興味深い理由が隠されています。

また11月25日は他にも意味があるのでご紹介しますね。

目次

11月25日と9月16日が「ハイビジョンの日」の理由

11月25日の選定は、ハイビジョンテレビの走査線の数が1125本(有効1080本)であることに基づいています。
この日は、1987年に郵政省(現総務省)とNHK(日本放送協会)によって制定されました。

一方、9月16日が選ばれたのは、ハイビジョン画面の縦横比が9:16であることに由来しています。
この日の制定は明確な年代は不明ですが、通商産業省(現経済産業省)によって行われました。

走査線の概念も重要です。

これはテレビ画面を構成する電気信号の線で、その数が多ければ多いほど細かく美しい映像を表示できます。

例えば、

  • 通常のテレビは525本
  • ハイビジョンテレビは1125本
  • 4Kは2160本
  • 8Kは4320本

の走査線を有しています。

さらに、「K」という言葉がテレビの世界でよく耳にされますが、これは画像の解像度を指します。

解像度が高いほど、より細かいディテールが映し出され、美しい映像が得られるのです。

たとえば、

  • 2Kは1920×1080
  • 4Kは3840×2160
  • 8Kは7680×4320

という解像度を持ちます。

ハイビジョンという技術自体は、従来のテレビよりも細かい部分まで鮮明に映し出す高品位テレビとして知られ、その発売当時は次世代のテレビ技術として大きな注目を集めました。

例えば、2008年に長野県で開催されたオリンピック中継では、ハイビジョン技術が使用され、超スローモーション映像でも高画質で視聴することが可能でした。

しかし、11月25日の由来はアナログハイビジョンに関連しており、その普及は2007年に終了しました。

現在のハイビジョンはデジタルベースで、ドット(画素)で映像を表示します。

そのため、11月25日の記念日の意味は時代とともに変化しています。

一方で、9月16日のハイビジョンの日はデジタル時代でもその由来が有効であり、現在でも意味が通じていると言えます。

このように、ハイビジョンの日は9月16日と11月25日に設定されていることには驚きかもしれません。

しかし、テクノロジーの進歩に伴って、特に11月25日の意味合いは変化していることが見て取れます。

今後、9月16日に統一することも考慮されるかもしれません。

11月25日は何の日?他の意味合い

11月25日は「金型の日」

1957年(昭和32年)の11月25日に、日本金型工業会が設立された歴史的な出来事を記念し、その日を記念日として特別に定めています。

この日は、金型産業の重要性を広く伝え、その産業の社会的地位を向上させるための取り組みを象徴しています。

金型とは、金属や樹脂などの工業製品や部品を製造する際に使用される、圧力や射出成型などの加工方法に用いられる型のことです。

特定の製品や部品を作るための模型としても使用されます。

特に、日本の戦後復興期や高度経済成長期において、金型技術の発展は日本産業の成長を支える重要な役割を果たしました。

金型の質が直接製品の品質に影響を与えることから、その技術の高さは国際的にも高く評価されており、日本製品の品質の良さにおける重要な要素の一つとされています。

この記念日を通じて、金型産業への関心を高め、この分野の技術者たちの努力と成果を称賛し、産業全体の発展に貢献しています。

11月25日は「女性に対する暴力撤廃の国際デー」

「女性に対する暴力撤廃の国際デー」というテーマのもと、世界各国で重要な記念日が設けられています。

この日の背景には、過去に起きた衝撃的な事件があります。

1961年11月25日、ドミニカ共和国で政治活動を行っていた3人の姉妹が、当時の権力者によって悲惨な形で命を落としました。

この事件は、女性に対する暴力の問題を象徴するものとして、世界中に衝撃を与えました。

この事件を契機として、国際連合は女性への暴力をなくすための意識を高める目的で、特別な記念日を設定しました。

この日は、「女性に対する暴力の廃絶のための国際デー」として知られ、国際的には「International Day for the Elimination of Violence against Women」と表記されます。

日本国内でも、この重要なテーマに対する認識と行動を促すために、2001年から内閣府が主導してこの運動に取り組んでいます。

毎年11月12日から11月25日にかけて、女性に対するあらゆる形態の暴力を撲滅するための活動が約2週間にわたって行われています。

この期間中、多くのイベントや啓発活動が組織され、女性に対する暴力の深刻な問題に光を当て、社会全体での認識と対策の必要性を訴えています。

11月25日の誕生花

11月25日には、特定の花が誕生日の花として定められています。

その中でも、キンモクセイとパンパスグラスが代表的です。

キンモクセイは、学名をOsmanthus fragrans var. aurantiacusとし、中国が原産地であるモクセイ科の常緑の小高木です。
花言葉は「控えめさ」「謙虚さ」とされています。

一方、パンパスグラスは、学名Cortaderia selloanaで、アルゼンチン、ブラジル、チリなどの南米原産のイネ科に属する半耐寒性の多年草です。
花言葉は「雄大な愛」とされています。

これらの花は、11月25日の誕生日を持つ人々に特別な意味をもたらし、その日を美しく彩る役割を果たしています。

金木犀
金木犀

まとめ

11月25日は何の日かまとめると以下となります。

  • ハイビジョンの日だがゆくゆくは9月16日に統一されるかも
  • 金型の日
  • 女性に対する暴力撤廃の国際デー
  • 11月25日の誕生花はキンモクセイとパンパスグラス

それではみなさん11月25日を頑張りましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次